スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り出し七輪

■切り出し七輪
http://www.qabwrr.com/23/
1人が登録

■炭・切り出し七輪・上土佐備長炭・竹炭・床下調湿炭・竹炭かりんとうのことなら<シーク【炭】ウェブショッ...
http://www.ceak.jp/
5人が登録
スポンサーサイト

アカハラ

■asahi.com(朝日新聞社):「妊娠されたら困る」元准教授発言 東大で「アカハラ」 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY7.html
東京大学は12日、すでに退職した元准教授(60歳代)について、在職中に「アカデミック・ハラスメント」にあたる行為があったと発表した。 東大によると、元准教授は在職中の2006年4月、女性を含めた複数の部下の前で「妊娠されたら困る」と発言。さらに07年の1月~6月、複数の部下に対し、継続的に怒鳴るなどの威圧的言動をとったという。 08年5月に複数の部下から大学に申し立てがあり、調査が進められてい...

■アカハラで岐阜大側に賠償命令…休学強要、暴言 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091216-OYT1T00864.htm
アカハラで岐阜大側に賠償命令…休学強要、暴言 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

■岐阜大と講師に賠償命令 アカデミックハラスメント - 岐阜新聞 Web
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20091216/6_9542.shtml
岐阜大と講師に賠償命令 アカデミックハラスメント2009年12月16日14:56 岐阜大学大学院の在籍中に研究指導教員の男性講師からアカデミックハラスメントを受けたとして、中国人留学生の女性(30)が男性講師と同大に計約920万円の損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが16日、岐阜地裁であり、内田計一裁判長は「講師の不法行為で多大な精神的苦痛を被ったことが認められる」などとして男性講師と大学側に計1...

■岐阜大『社会のクズ』アカハラ訴訟、元院生に110万円支払え - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091216/trl-n1.htm
岐阜大で教員から暴言を受けたり、休学を強要されるなどアカデミックハラスメントがあったとして、中国人の元大学院生が大学と論文の指導教員に約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁は16日、岐阜大と指導教員に計110万円の支払いを命じた。 内田計一裁判官は判決理由で「指導教員が繰り返し執拗(しつよう)に休学を勧めたり、原告に『社会のくず』などと言ったことは不法行為にあたる」と指摘。「大学は双...

■佐賀大准教授が女子院生に体罰、1週間のけが : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091213-OYT1T00320.htm
佐賀大の男性准教授が指導中の大学院生の女性に体罰を加え、けがをさせたとして、同大が懲戒審査委員会を設置して事実関係を調査していることが12日わかった。佐賀大広報室によると、准教授は10月2日、研究室で指導していたこの院生の背中などを十数回たたき、右肩付近に全治1週間の打撲を負わせた。院生が友人に相談して発覚。准教授の所属先の学部長が3日、保護者に謝罪したが、院生は同21日、佐賀署に被害届を提出した...

■下関市大教授が学内で十数人にパワハラ・アカハラ、諭旨解雇 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091015/crm-n1.htm
下関市立大(山口県下関市)は15日、学生や大学職員ら計十数人に対してパワーハラスメントやセクハラを繰り返したとして、経済学部の男性教授(52)を諭旨解雇の懲戒処分にした。 同大によると、元教授は昨年10月~今年8月、ゼミに所属する学生に対し「単位をやらない」というメールを送ったり、複数の女子学生を不快にさせる性的な発言を繰り返したりした。大学職員にも威圧的な態度を取ったりした。 被害を受けた女子学...

■元研究員の女性、アカハラで愛媛大学を提訴 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090810/trl-n1.htm
愛媛大学医学部に勤務していた40代の元女性研究員=松山市在住=が、学内での権威を利用した嫌がらせ(アカデミック・ハラスメント)を受け、大学から雇用を打ち切られたとして、男性教授ら教員2人と大学を相手取り、慰謝料と未払い賃金計約720万円の支払いを求める訴えを10日、松山地裁に起こした。 訴状などによると、平成12年4月~21年3月まで医学部で勤務していた元研究員は、勤務期間中に男性講師から研究室で...

■asahi.com(朝日新聞社):2年連続論文戻され、東北大院生自殺「指導に重大過失」 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0513/TKY4.html
東北大学(仙台市青葉区)の大学院生が昨年8月、担当の教員に論文を差し戻された後、自殺していたことがわかった。大学は13日に記者会見し、「教員の指導に重大な過失があり、自殺の要因になった」とする調査報告書を発表した。担当した准教授(52)は先月下旬、辞表を提出して既に受理されている。 自殺したのは東北大大学院の理学研究科博士課程に在籍していた男子学生(当時29)。花輪公雄理学研究科長によると、学生...

■「アカハラ」の事実確認できず 京大、院生自殺で調査報告書:京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P&genre=C4&area=K00
京都大工学研究科の大学院博士課程の男性が自殺し、男性の両親が「指導教授からアカデミックハラスメント(教育研究における嫌がらせ)を受けた」と大学に調査を求めていた問題で、同研究科の調査・調停委員会は12日までに、「ハラスメントの事実は確認できなかった」との調査報告書をまとめた。大学によると、男性は昨年3月に自殺し、両親が10月に「教授が指導を放棄していた」などとして調査を求めた。委員会は両親と教授の...

■「これは何だ!」―― 教授の逆鱗に触れ、医局をクビに:日経メディカル オンライン
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/interview/200903/509652.html
「もう、うちの医局とは関係ないから」――入局3年目、医局の人事ローテーションに反して自分の希望を押し通したために、教授の不興を買い、医局を除名される。「あのとき、どうするのが一番良かったのか…」。いまだ正解が出ない日々が続く。(記事全文を読む)初めてご利用の方は新規会員登録へ 既に「日経メディカル オンライン」にご登録済みの方はログインへ臨床医のための情報サイト「日経メディカル オンライン」は会員...

避難指示

■新潟中越地震:最後の5集落の避難指示解除 旧山古志村
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070402k0000m040031000c.html
このURLを登録しているユーザは2人です。
-->
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。